面接を受ける側と、する側の両方とも、採用面接において言ってはいけないことがあります。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

面接を受ける側と・・・[女性 32歳]

面接を受ける側と、する側の両方とも、採用面接において言ってはいけないことがあります。まずは、面接する側は、当たり前のことですが、ネガティブなことを話すのは絶対にタブーと思われます。万が一、口がすべっていい印象を受けないことを言ったとしても、その発言をカバーできることを後からかぶせるようにしたら、なんとか逃れられるでしょう。自分で自分をフォローできるところを印象付けるのもいい手ではないでしょうか。落としておいて、持ち上げるというのもありかなと思います。会話が上手なことも大切だと思います。
次は、面接をする側ですが、パワーハラスメントとかよく耳にします。たとえば、辞めた理由を必要以上に問い詰めて、人格を否定するまで及ぶ行為は絶対だめだと思います。それに、はなから育児休暇は困りますとか、法律で決められていることでも会社にとってデメリットな人をはなから排除するような言動もよくないと思います。まずは、初めて会う人同士なのですから、お互いを尊重し合ってお話をすることが大切だと思います。

■注目の情報