就職活動では、面接が一番重要であることは言うまでもありません。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

就職活動では、面接が一番重要であることは言うまでもありません・・・[男性 62歳]

就職活動では、面接が一番重要であることは言うまでもありません。面接まで辿り着けたらひと安心、などということはありません。面接にも行けないのは本当の門前払いです。
職歴や年齢、スキルに問題がないと思われたからこそ面接まで辿り着けるわけですが、ここで落とされることはもちろんあります。最後まで気を抜かずに採用面接を乗り切りましょう。
就職活動をしている人なら皆さんご存知だと思いますが、採用面接で言ってはいけないNGワードがあります。代表的なものは、前職を退職した理由で、前の職場の悪口などを言うことです。
給料が安かった、職場の雰囲気が良くなかった、人間関係が悪かったなど、たとえ本当のことであっても、これは言ってはいけないことになっています。もっと仕事の幅を広げたい、別の分野で能力を生かしたくなった、などレベルアップするための転職であることを述べましょう。
次に志望動機も必ず聞かれます。ここで、賞与が良いから、とか有給をきちんと取れるから、などと待遇の良さだけに惹かれたような言い方もNGです。
仕事内容が動機であることをアピールしましょう。
面接官はプロですので、マニュアル本を丸暗記したような受け応えは必ず見抜きます。下手でも良いので自分の言葉で、自分の気持ちを伝えることが大切です。