日常生活において、いつも不平不満や悪口ばかり言っている人は嫌われてしまうでしょう。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

日常生活において・・・[男性 42歳]

日常生活において、いつも不平不満や悪口ばかり言っている人は嫌われてしまうでしょう。聞いていても面白くないからです。
同じように採用面接と言う場面でも、不満や悪口を言ってはいけないと思います。特に他の会社の悪口などは絶対に言ってはいけないと思います。
私は派遣社員として転職するために採用面接を受けたことがありますが、その転職先を紹介してくれた派遣会社の担当者の方に、前の会社の悪口を言ってはいけませんとアドバイスされたことがありました。
面接官を困らせてしまう、または面接官に悪い印象を与えてしまう可能性があるからということでした。

確かに改めて考えてみると、面接という場は自分の長所をアピールする機会だと思います。だから、以前勤めていた会社に対する不平不満や悪口を面接官にアピールしても、誰も得しません。せっかく時間を作って面接の機会を設けてくれた面接官の方も、無駄な時間を過ごしたとがっかりなさることでしょう。
繰り返しになりますが、採用面接では批判や悪口などのネガティブな事を言ってはいけないと思います。自分の長所やこれまでの職務経歴を述べて、自分が役立つ社員になれる事をアピールすべきです。
採用面接では可能な限り前向きな言葉を用いて、お話しすると良いでしょう。

■注目の情報