サラリーマン生活を転々とする中で、5社ほどの会社を移り歩いてきました。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

サラリーマン生活を転々とする中で・・・[男性 44歳]

サラリーマン生活を転々とする中で、5社ほどの会社を移り歩いてきました。
その都度、面接を受けてきました。
面接官には意地悪な質問をされることも多いと思います。そんな時、心では思っていないことを言うのはやめましょう。
よく「できない」とか「やりたくない」とかネガティブな発言をしない方が良いようなテクニック論を耳にしますが、実際、自分がいろいろ経験した中で、ネガティブにも正直さがあれば、そちらの方が評価されるということがわかりました。

つまり、「やりたくない」ことはハッキリ伝えるということです。
自分の気持ちに正直に発言をしますが、それでも会社という組織で目標に向かって進むのですから、やりたくない!と拒むだけでは不採用です。
「やりたくない」という理由は何なのかを掘り下げて伝え、その理由が自分にある問題ならばそれを解決すれば、「やりたくない」が「やれるようになる」というところまで相手に伝えます。自己分析と正直さを伝えた方が会社としてもどういう人物なのかがわかりやすいと思います。
面接は「自分」をありのまま伝える場所ですから、自分の気持ちに正直でないことは言わないようにしましょう。

■注目の情報