採用面接の場になると、どうしても緊張してしまい、思ってもみないことを言ってしまったりするものです。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

採用面接の場になると・・・[男性 47歳]

採用面接の場になると、どうしても緊張してしまい、思ってもみないことを言ってしまったりするものです。
よくあるのが、採用動機に関する本音でしょう。「御社で自分の力を試してみたい」などと心にもない美辞麗句を暗記して面接に臨んでいるのが普通ですから、心の中では別の本音があるはずです。

「他では採用してもらえなかったから」とか、「とりあえず安定した会社のようだから」とかいうものです。
まさか、こうした本音をそのものズバリでしゃべるという人はいないでしょうが、緊張が極度になったり、逆に面接官と会話がスムーズになっていたりすると、うっかり本音に類することを口にしてしまいかねません。ネガティブな消去法ではなく、あくまでも積極的にこの会社に就職したいのだという基本スタンスは崩してはいけません。
まあ、本音に類する部分は、面接官も当然理解していることですから、それほど難しく考えることはないかもしれませんが、最低限、面接先の企業の悪口などは絶対に言ってはいけません。どれほど意地悪な面接官の質問に晒されても、そこは次の面接のための練習場なのだと割り切って、大人の対応をしましょう。逆切れしているようだと、その情報が同業他社に伝わりかねません。