私は何度か転職して、その度に採用面接を受けてきました。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

私は何度か転職して、その度に採用面接を受けてきました・・・[男性 42歳]

私は何度か転職して、その度に採用面接を受けてきました。
何度か採用面接を受けた中で、採用面接で言ってはいけない事に気づきました。

私が一番失敗したのは、旧財閥系企業を受けたときでした。
三次面接まで進み、もう合格した気でいましたが、最終面接で失敗してしまいました。
私は公務員からの転職ということもあり、「民間企業で思いっきり仕事がしたい。労働組合が強すぎる公務員は仕事がやり難くてうんざりだ。」と言ってしまいました。

後から知ったのですが、面接官の一人が県労組の幹部の方でした。
それが悪かったのか、最終面接で落ちてしまいました。
私は後にも先にも、試験や面接で落ちたのはそのときが初めてでした。
面接のときには、何処にどのような関係者いるかわからないので、「誰かの不利益になるような発言は控えないといけない」と思いました。
いい教訓になりました。

同様に自身のネガティブな面や、面接先企業の悪い部分などを言っても、採用面接では何のメリットもありません。自身の悪い面なんか説明しても、面接官の減点対象になるだけです。
仮にその企業の悪い部分があったとしても、採用されてから自分で改善要望を出せばいいだけです。

採用面接では、できるだけ自分のポジティブな面と自身の実績をアピールすれば、採用されやすくなると思います。