就職面接では最も重要なのが、失敗をしないという事です。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

就職面接では最も重要なのが、失敗をしないという事です・・・[男性 44歳]

就職面接では最も重要なのが、失敗をしないという事です。
そのために採用面接で言うべきでないことの筆頭は、自分の本音ではないでしょうか。たとえばなぜこの会社を希望したのかという問いに対して、答えるべきでない言葉というものはいくらでも思いつくものだし、そのうちのいくつかは自分の本音ということも珍しくありません。
しかしそれを言ってはおしまいだということがあるのだから、そこはあくまで穏便に、マニュアルどおりの答えを返すべきでしょう。
そもそも短時間の面接で相手のことが分かるなどとは、面接をするほうだって思っていないはずで、重要なのはコミュニケーション能力を見ることではないでしょうか。そのためにはたとえ本音であっても言ってはいけない場面というものがあるし、面接はまさにその場面の一つと言えるでしょう。面接を受ける側にとっては大きな不満の一つですが、これから社会に出るつもりなら自分の主張は抑えて、相手の望む答えを返すというのも必要なことだと割り切るべきでしょう。