1年ほど前のことになりますが、息子も幼稚園に行き始め、昼間まとまった時間が空くようになり、働こうかと思い始めハローワークに通っていました。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

1年ほど前のことになりますが・・・[女性 33歳]

1年ほど前のことになりますが、息子も幼稚園に行き始め、昼間まとまった時間が空くようになり、働こうかと思い始めハローワークに通っていました。
ただ、なかなか自分の働く条件と合う求人がなく、またたまに見つけても既に何十人もの応募があって、思った以上に職探しが難航していました。

私は夫婦共に県外の出身で近くに両親も身内もおらず、子供に何かあった時には私が仕事を休まなければなりません。ただでさえ小さい子供がいる母親は病気など突発的な休みを貰うこともあり、面接の時点でハンデを負うとに聞いていますし、実際私の友人は「お子さんが熱を出した時はどうされますか」と面接の時に聞かれています。まだ両親など身内のサポートがある場合は良いですが、小さい子供がいる家庭の母親が働くのは企業側としても壁があるようです。

そういったこともあり、仕事探しも難航しハローワークの担当者に少し愚痴り交じりの相談をしたところ、担当の方から「面接の採用担当の方は、小さい子供さんがいるという物理的な悪条件を見ているのではなく、そこから見え隠れする貴方の負の心理状態をみているのではないですか?優秀な人材であれば多少の家庭的な条件を受け入れてでも企業は来て欲しいと思うのではないでしょうか。何事もプラス思考で負の条件さえもプラスの要素に変えられるようにしてはどうですか?」と言われました。

誰にでも短所や企業にとってマイナスの条件があると思います。それを教えて欲しいと企業側から面接時に問われることもあります。そこで嘘をつくというのは後々お互いのためにも良くないと思いますが、正直に言った後でもそれに負けないくらいのポジティブな発言を一緒に付け加えるなどすると印象もガラッと変わってくるのではないかと思います。