採用面接で言ってはいけない事ですが、実際に面接官として面接を行った者の経験から言わせてもらいますと、負のイメージを持たせるような発言は絶対に控えた方がいいです。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

採用面接で言ってはいけない事ですが・・・[男性 52歳]

採用面接で言ってはいけない事ですが、実際に面接官として面接を行った者の経験から言わせてもらいますと、負のイメージを持たせるような発言は絶対に控えた方がいいです。

自分がネガティブな性格であっても、一生懸命ポジティブをアピールした方が絶対に面接結果はいいはずです。
面接の時点で自分の全てを受け入れてほしいという人もいるかとは思いますが、面接はいわば企業側とのかけひきの場でもあるので、全ての自分をさらけ出す必要があるわけではありません。自分がネガティブだとしても、おいおい働いていく状況で認めてもらえばいいだけですので、あまり最初から負のイメージは与えない方がよいのです。
採用してもらうことができれば、仕事のできで自分のネガティブさを認めてもらうことは十分に可能ですので覚えておきましょう。

しかし、ポジティブさをアピールするのは大切ですが、あまりにも過剰な表現は厳禁なので、嘘をつかない程度の気持ちのよいポジティブアピールを心がけるようにするとよいでしょう。