就職活動で合否を分ける採用面接は、短時間の中で自己アピールや働く意欲、仕事に求める考え方などを伝えて、面接官に良い人材だという印象を与えなければなりません。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

就職活動で合否を分ける採用面接は・・・[女性 54歳]

就職活動で合否を分ける採用面接は、短時間の中で自己アピールや働く意欲、仕事に求める考え方などを伝えて、面接官に良い人材だという印象を与えなければなりません。新卒の学生ならば純粋に人物を判断されるでしょうが、転職の場合はそれまでの経歴も判断材料になってしまいます。
採用面接で言ってはいけない事は、それまで所属してきた企業や働き方に対するネガティブ発言です。
前職を辞めた理由というのはよく聞かれますが、人間関係はコミュニケーション力や性格などの不安材料になるようですし、体力や病気などもマイナス要因として受け取られかねません。職場環境の不満なども、適性に欠くと思われかねません。長所・短所や自己採点などの質問に対する答え方もプラスに転じるような答え方が必要です。

答えにくい質問ほど、ある程度答え方を用意しておいた方が良いと思いますが、同じような模範解答的なものではなく、さりげなく個性を自己アピールできるほうが、好感度がアップしそうです。
働き方に対する制限や、抱えているトラブルなどは当然ながら、主観的な考え方や批判的な発言などもマイナスに働くので注意が必要だと思います。

■注目の情報