面接は、毎回毎回、いつも相当緊張する。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

面接は、毎回毎回、いつも相当緊張する・・・[女性 42歳]

面接は、毎回毎回、いつも相当緊張する。マイナスになるような余計な事は言わないように、と思えば思うほど、緊張が高まり、スムーズに言葉が出ず、たどたどしくなってしまう。口数が下手に多いよりも、正確に思いを伝える方が間違いないかと思い、面接を受けていても、最終的に結局、つい癖で、「愛想」がよくも悪くも出てしまう。
けれど、何でも「ハイハイ」とは、言えないし、かといって真っ向から「それは出来ません」、とも言えないし。自分の出来るであろう事はキチンと進んでアピールしたいが、無理にしても、ちょっとそれは、と言った事柄には、気軽に返事できない。軽はずみな返事などをして、もし採用された後で、「やっぱり出来ません」なんて、信頼を失うのは申し訳ないと思う。
日本語は幸いにして、オブラートに包める感覚というか、丁寧さや、謙虚さといった言い回しが出来る。面接では言葉の端端にも注意しながら、調子の良いことや適当な言動は言いたくない。責任の持てない事は、言ってはいけないと思っている。それは採用された後でも、会社の雇い主に対し誠実に答えて、キチンと仕事をしたいからだ。