大学の3年生の春休みといいますと、春休みどころではないかもしれません。

採用面接で言ってはいけない事
採用面接で言ってはいけない事

大学の3年生の春休みといいますと・・・[男性 42歳]

大学の3年生の春休みといいますと、春休みどころではないかもしれません。本格的に就職活動が始まるということになります。まだまだ始まったばかりという感覚があると思いますが、早い人であれば早々に内定をもらうこともあります。内定をもらう人というのは決して運ではなく、きちんと対策をしてきているということです。
それを出せているからこそ、もらうことができるということです。
どういったところに気をつけたらよいか考えてみましょう。
面接においては、企業からすると一応は学生として見てくれるところがあります。社会人としての振る舞いが必要ですが、ちょっとしたミスを細かくチェックされることはないでしょう。
でもこれは言ってはいけない、ということもあります。それは他社の製品と間違えるということです。
業種で活動していればどうしても同業他社のことの対策もしています。つい他社の商品について、その会社の商品のようにいってしまうことがありますが、こういうことは面接官への印象が悪くなることがあります。

■注目の情報